検索

-漆- @アートフェア東京 2017 2017.2.4

最終更新: 2019年1月22日


豊かな自然と湿潤な風土に恵まれたわが国には古来より漆芸の伝統が受け継がれてきました。

それらは近代に至りアール・デコなど欧米のデザインを積極的に取り入れながらも、国内各地の特色にあふれる作家各々の個性的な意匠を漆独特の質感と器形に巧みに組み合わせながら世界でも類をみない工芸美術の一ジャンルを築きあげています。この度はこうした近現代を代表する漆芸作家の優品を特集いたします。

小展ではございますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。


出品予定作家

赤塚自得 音丸耕堂 黒田辰秋 寺井直次 増村益城 山﨑覚太郎 山村慎哉 他


増村益城 乾漆流水文盛器 w35.7×h4.5cm 1962年頃  Sold

山村慎哉 唐草文尻張四方小箱 w9.7×d7.7×h7.3cm 2017年 Sold

音丸耕堂 彫漆紫陽花香合 w6.8×h5.3cm 1970年代 Sold


glyph-logo_May2016.png

Copyright(c)   2018  Mitochu  Koeki  Co. All Rights Reserved

写真の無断転載はご遠慮下さい。