ルーシー・リー 1902-1995
Lucie Rie
ウィーンに生まれ、ウィーン工業美術学校で陶芸を学ぶ。若年時より国際的な展覧会において数々の賞を受賞し、作家としての地位を確立するが、第二次世界大戦の折、イギリスへの亡命を余儀なくされる。ロンドンでは陶芸家バーナード・リーチやウィリアム・ステート=マリーらの影響を受け、当時の先鋭的な建築やデザインの思潮とも響きあう独自の様式を確立していく。ろくろから生み出されるシンプルで凛とした器のフォルムに、ピンクや青、緑釉、また掻き落としなどの装飾を施し、エレガントで気品のある器の造形美を追求した。
ピンク釉線文鉢
w21.0×h10.5 cm
1970-80年代
個人蔵
002Lucie_bottom_left.jpg
マンガン釉線文花生
w12.6×h27.2 cm
1970年代
003Lucie_bottom_middle.JPG
ポテト花生
w7.2×d6.1×h8.3 cm
1970年代

1/4
​スパイラル文鉢
w22.5×h10.8 cm
1960-1970年代

Copyright(c)   2018  Mitochu  Koeki  Co. All Rights Reserved

写真の無断転載はご遠慮下さい。