焼貫茶碗
w13.2×d12.3×h10.4 cm
十五代樂吉左衞門 b.1949
Raku Kichizaemon XV

1949年、京都生、樂家当主。1973年に東京芸術大学彫刻科卒業後、イタリア・ローマアカデミアに2年留学。1976年に帰国後、1981年に15代を襲名し作陶に入る。その作風は樂家の伝統を守りつつ斬新な現代造形に挑戦し、今までにない前衛的な樂茶碗の世界を打ち立てた。

2016年東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、2015年ロサンゼルス カウンティー美術館、サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館、モスクワ・プーシキン美術館、2011年と2013年パラッツオ・フォルトゥーニ、1997年ファエンツァ国際陶磁博物館、パリ日本文化会館、プリンセスホフ美術館、1995年 V&A美術館にて展覧会。また、2007年佐川美術館樂吉左衛門館及び茶室設計、数々の展覧会を企画開催。作品はビクトリア・アルバート美術館、パリ日本文化会館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、佐川美術館など、国内外の美術館に収蔵。2000年、フランス政府芸術文化勲章・シュバリエを受勲。

2013年
個人蔵

Copyright(c)   2018  Mitochu  Koeki  Co. All Rights Reserved

写真の無断転載はご遠慮下さい。