ハンス・コパー 1920-1981
Hans Coper

ドイツに生まれる。1939年、ナチスに追われイギリスに渡るが、翌年カナダへ送還される。過酷な生活の中で彫刻家になることを決意したコパーは、イギリスへ戻った後、ロンドンにてルーシー・リーと出会い、彼女のもとで陶磁器製作を始める。

コパー作品の彫刻的とも言えるフォルムや世界観は、キクラデス文明の石像など古代彫刻からインスピレーションを受けたと思われる部分が少なくないが、鋭い輪郭線と柔らかな曲面を併せ持つその造形は、ろくろで成形したピースをつなぎ合わせる手法によるコパー独特のものである。

陶の温かみを活かしながら極限的な緊張感を表しているコパーの作品には、焼き物の持つ、単に器としての特質を超えた格調高い精神性と芸術性が感じられる。

シリンダー形花器
w5.2×h24.0 cm
1970年代
002Coper_bottom_left.jpg
ポット
w21.0×h36.0 cm
1952年頃
003Coper_bottom_middle.jpg
扁壺
w15.6×h17.7 cm
1974年頃

Copyright(c)   2018  Mitochu  Koeki  Co. All Rights Reserved

写真の無断転載はご遠慮下さい。