栗木達介 1943-2013
Kuriki Tatsusuke
愛知県瀬戸市に生まれる。父は陶芸家栗木伎茶夫。1962年京都市立美術大学に入学し、富本憲吉、近藤悠三、藤本能道らに師事し、特に富本最後の学生として大きな影響を受けた。卒業後は、瀬戸に戻り作陶を始め、主に手捻りによる作品を発表し、朝日陶芸展においては三度の大賞を受賞した。また、日展など各種公募展においても受賞を重ね、若年時からその実力が注目された。作品には富本から受け継いだデザインへの深い造詣が見られ、高い技術とストイックな姿勢に裏付けられた、複雑で完成度の高い新たな焼きものの造形のあり方を示した。1983年からは母校の京都市立芸術大学で教鞭をとり、後進の指導も積極的に行った。1980年以降は個展発表を主に、極めて寡作ながらも様々な活動を展開した。
銀紅彩文花器
w15.2×d14.4×h27.0 cm
1985年頃
個人蔵
002Kuriki_botttom_left.jpg
黒釉銀彩扁壷
w28.2×d22.2×h23.8 cm
1980年頃

Copyright(c)   2018  Mitochu  Koeki  Co. All Rights Reserved

写真の無断転載はご遠慮下さい。